読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

香港出張1日目。重慶大厦(チョンキンマンション)に泊まる。

10月後半、香港に出張しておりました。なんかカッコいいでしょ?海外出張ですよ。海外仕事自体はそれほど珍しくも無いのだけれど香港は初めてでしてね。いっぺん行ってみたかったんだ。初香港、次にまた行くときのことも考えて備忘録的に何度かに分けて書いておく。


このブログでも何度か出てきてる朋友・Lovehairのヘアメイクアーティスト・アッティーのお誘いで、彼女の作品素材を撮影してきた。分かりやすく言うと、彼女がヘアメイクして衣裳を着せたモデルさんを香港の街中で撮るのが目的。僕とアッティー、それにLovehairの主任カマダさんの3人で香港に渡る。アッティーは香港のヘアメイクスクールで講師もしているので、そこの生徒さんがモデルや助手を務めてくれる。そんな面白そうなこと出来るならエコノミークラスで充分です。泊まるとこなんて適当で大丈夫です。


「泊まるのチョンキンマンションだから」はい、分かりましたチョンキンマンションね。チョンキン...ん?どっかで聞いたぞ。



あっ



f:id:masudahiroshi:20161104044538j:plain




恋する惑星」の舞台じゃん!


そういや英題は「Chungking Express」だった。忘れもしない94年の香港映画。僕にとって1994年というのは、あくまで自分史レベルとはいえ色々とエポックメイキングな年でしてね、この年に目で見て音で聴き肌で触れたものに関しては印象が深いのだ。



覚えてるよ。金城武が延々長電話してる売店とか、むさくるしそうな部屋の中で麻薬密輸の準備してるとことか、ブリジット・リンがインド人撃ちまくるとことか...。あら?そういやなんか危なそうなとこだったイメージが...



「チョンキンマンション」でググってみる。出てくるワードといえば「悪の巣窟」「怖い」「刑務所よりも狭い」「危険」「売人」「伏魔殿」「犯罪の温床」



大丈夫なのか?


色々調べてみると「近年では治安も良くなっている」と書いてはいるけどさ「近年では」ってことは「元々は悪かった」ってことだろ?東横インのことを「近年では安全」とか言わんだろ。僕は姿かたちこそ貧乏くさいジーパン、Tシャツ姿だけどバッグの中にはウン百万円分の機材が入ってんだよ。不安だ。非常に不安だ。



香港はホテルが高いんですよ。それこそ東横インクラスの部屋でも市街地だとかなりする。僕が泊まる尖沙咀(チムサーチョイ)は香港のメインストリートとも言ってよい場所なので、東京よりも高いのだ。



ホテル代が高い理由は土地が無いからだ。東京の半分ほどの土地に700万人を超える人々が住んでいる。家賃も宿泊代もべらぼうに高い。いいとこ泊まりたきゃ金払え。ある意味すがすがしい。



悶々としながら機内で映画「64 ロクヨン」鑑賞。見終わって初めて前後編だと気づいた。後編は帰りに見よう。香港到着。


f:id:masudahiroshi:20161104054739j:plain



f:id:masudahiroshi:20161104054754j:plain

 

さすがアジア1のハブ空港。まぁなんとも近代的でデカくて綺麗だ。貨物取扱量は世界一だとか。香港がアジア随一の都会だということを改めて思い知らされる。これで宿があそこじゃなかったら何も心配では無い。でも変わることなくあそこに泊まるのだ。たっかい機材持って泊まるんだ。


それにしても香港は暑い。10月後半になって福岡は急に冷える日が増えてきた。ついついその感覚でパーカーなんか着こんできたんだが全く必要ない。蒸し蒸しと暑い。



その分、屋内や電車の中は冷房が効いている。てか効きすぎている。冷蔵庫にいるみたいだ。パーカー着てないと風邪ひくくらい寒い。どうしろと言うのだ。



暑さと寒さの波状攻撃に大概カラダを痛めつけられたところで尖沙咀到着。ここで香港慣れてるはずのアッティーが道を間違え建物も間違え行ったり来たりで更に消耗。ほうほうのていで明日からお世話になる美容学校にたどりつく。



ここで今回の撮影でお世話になるヘアメイクアーティスト・ジョシュアと合流。彼は日本に3年住んでいたとかで日本語がとても堪能だ。その上、日本的な細やかな精神も持ち合わせている。まだ若いのに本当に気が利く。彼には旅の間中お世話になった。



ここで僕にとっては最善ともいえる提案を頂いた。学校のロッカーに荷物を預けさせてくれるそうだ。あぁ...助かる。「危険」「売人」「犯罪の温床」なんて検索ワードがあふれ出てくる例の宿に機材持ちこまなくてよいのだ。実にありがたい。



元々僕は海外でお高い一眼レフで写真を撮るようなことは全くしない。仕事は別ですけどプライベートでは極力カメラを隠すようにしている。「私、メイドインジャパンの高価なカメラぶら下げてます」なんて人に見られて良いことなんて一つも無いのだ。



だから、この香港日記で出てくる写真も仕事写真以外はほぼほぼiPhone写真だ。しかも4年以上前に買ったiPhone4s。「プロカメラマンの香港レポ、さぞ素敵な写真があふれてるだろう」と期待してくださった皆さま申し訳ない。そんな写真は微塵も無い。人様の評価も大事だが、命綱の一眼レフを守る方がもっと大事なんだよ。平たく書くとビビりなのだ。



なんでこんな断りを長々入れるかと言うと、次の段落から出てくるチョンキンマンション写真がすべからくヒドいからである。前ふり終わり。さぁ高価な機材は預けた。身軽な 盗まれてもあきらめがつく 荷物だけ持ってチェックインだ。


 

f:id:masudahiroshi:20161104143020j:plain

 


このビル全体がチョンキンマンション。中央の「重慶大厦」って書いてあるところが入口。1階はいわゆるロビースペースにあたるわけだが普通のホテルのロビーを想像してはいけない。両替屋や雑貨屋やインド料理屋やインド料理屋やインド料理屋が軒を連ねている。それ以外のフロアには各階に好き放題ホテルや両替屋やよくわからん怪しげな店が入っている。そして普通に住居として住んでいる人々もいる。つまりはテナントビルなわけです。テナントビルって呼び方が全く似合わんのだけどね。


一階の雰囲気。

f:id:masudahiroshi:20161104143441j:plain

 

f:id:masudahiroshi:20161104143454j:plain



だから言ったじゃないか。プロでも毎回いい写真撮れるわけじゃないんだ



ポケットからスマホ出す→出すや否やとりあえず撮る→カシャッの「ャッ」くらいのタイミングでとっととポケットに戻す。こんな撮り方してたらプロもアマも関係ないよ。


まぁごった煮感はすごいですね。そしてビル中がカレーくさい。あとカレーに負けず劣らず大麻くさい。荷物の大半を学校に預けてリュック一つだったのでマシだったけど、機材バッグ持ってうろつきたくは無いな。



ざっくり言うと低層階より高層階の方が宿的にはランクが高いらしい。僕のホテルは14階だったのでかなりマシな方だったと思う。



とはいえ高層階も痛しかゆしでね。一階でわんさかと人が乗り込むわけだが、階が進むに連れて当然みんな降りていくわけですよ。で、最終的に僕と他の誰かと二人きりなんてシチュエーションも高層階だと起きやすい。女性1人旅とかだとそこらへん気にした方が良い気はする。



チェックインした時はすでに23時頃だった。ジョシュアや香港在住の日本人の友人とも落ち合い、火鍋食いにいってこの日は終了。



f:id:masudahiroshi:20161104145646j:plain





店は地元民に選んでもらっただけあって大層美味い。今回の旅行、食い物は本当に当たり続きだったな。てか人も街もすべてアタリだったと言ってよい。


宿だけはあえてノーコメントですけどね。冷蔵庫のように冷房の効いた部屋でベッドにくるまり一日目終了。二日目に続きます。

...........................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


ホームページはコチラ↓

 

インスタグラムもやってます。
コチラ↓
f:id:masudahiroshi:20160706033217j:plain

フォローされると嬉しくて仕方ないです。



メール extra@zs.main.jp

ご意見、御質問いつでもどうぞ。