読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

村上春樹もボブ・ディランもノーベル賞が似合わない

村上春樹 ボブ・ディラン 雑記


ノーベル文学賞ボブ・ディランだってよ。


もはや恒例行事となった感もある「村上春樹ノーベル賞とるかも」報道がまたもや外れたことになる。


そもそも、毎回その手の報道が流れるたびに疑問に思ってたことなんだけども、村上春樹ってそんなにノーベル賞欲しがってるのかね?


この人がヤクルトスワローズを応援するスタンスと同じように、たまに球場に行っては体育座りで「ノーベル賞、取れるといいな」と呟いてるくらいの熱量なら、周りで騒がれるのも大きなお世話ではないかと思う。(ヤクルトへの熱量が低いって意味では無い)


それにしても村上春樹にとって、負けた(?)相手がボブ・ディランってのはどんな気分なんだろうか。「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を例に出すまでも無く、村上さんの著作でディラン的な香りを感じる作品は少なくない。そんな相手と同じ土俵で戦えたのは誇らしいことなのではないかと思う。


村上春樹ボブ・ディランも、僕の趣味嗜好に少なからず影響を与えた人物だ。もちろんザ・スミスジャン=フィリップ・トゥーサン程大きな影響は受けてないけども、それでもデカい存在であることは変わりない。


そんな自分からすると、今回のノーベル賞受賞&落選はとても美しいものに見える。そしてそれ以上に、二人ともノーベル賞が似合わんなぁとも思う。文学と音楽をクロスオーバーさせてきた両者の作品は、高尚なものになるよりも僕ら大衆に消費されつづけていくのがふさわしい気がする。

 

 

f:id:masudahiroshi:20161014014843j:plain



...........................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


ホームページはコチラ↓

 

インスタグラムもやってます。
コチラ↓
f:id:masudahiroshi:20160706033217j:plain

フォローされると嬉しくて仕方ないです。



メール extra@zs.main.jp

ご意見、御質問いつでもどうぞ。