読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

香港出張最終日。メシなんか食い残してやるって話。

※前回までのあらすじ

香港出張1日目。重慶大厦(チョンキンマンション)に泊まる。 - マスダヒロシブログ

香港出張2日目(前編)。ネイザンロードでロケハンをする。 - マスダヒロシブログ

香港出張2日目(後編)。夜の街で花魁を撮る。旺角-石坂街-蘭桂坊。 - マスダヒロシブログ

香港出張3日目(前編)。車にひかれかけながらゲリラ撮影。彌敦道。 - マスダヒロシブログ

香港出張3日目(後編)。人まみれのビクトリアハーバーでラスト撮影。 - マスダヒロシブログ

 

旅の食事に関してつらつら思い出してみる。つくづく食にめぐまれた旅行だった。


唯一、パッとしなかったのは二日目の昼飯。マクドナルドだった。とはいえ時間が無かったんだから仕方がない。ファストフードとはそういうものだ。にもかかわらず僕らがマックを食べたと聞いた現地ガイド兼メイクアップアーティスト兼美容学校講師のジョシュアは「マックかぁ...マックは高いんだよなぁ...ううん仕方ないか、いやでもマックはなぁ」としきりにボヤくのだ。



どうもそこに違和感を感じたのだ。高いっていうけど日本と比べても大して高くは感じなかったし、そもそもローカルの定食屋でもマックくらいする店はいっぱいあるのだ。何をもって「高い」とボヤいてるか判然としていなかったんだが、その日の夕飯でようやく理解が出来た。



この日、花魁撮影をしたチーム6名で夕飯を食べた。入った店は尖沙咀からほど近いローカルな中華料理屋。


f:id:masudahiroshi:20161109001204j:plain

こんな感じの店。中川家の礼二がマネしそうな店員がいて次長課長の河本がマネしそうな店主がいた。地元民が気軽に楽しむ店だ。



こちらどの料理も上手くてね。


f:id:masudahiroshi:20161109001957j:plain

チンゲン菜のなんちゃら炒め

 

 

f:id:masudahiroshi:20161109002005j:plain

豆とひき肉のなんたら炒め

 

 

f:id:masudahiroshi:20161109002108j:plain

スペアリブのうんたらあえ。

 

f:id:masudahiroshi:20161109002123j:plain

イカフライ。衣がふわっふわ。

 

f:id:masudahiroshi:20161109002132j:plain

絶品豚足。僕は元々ゼラチンプルプル系があまり得意ではなくて豚足なんてものは食わなくてよい食材の代表格だったのだけれど、こんな美味い食い方があったとは。北京ダックみたいに皮がパリパリの豚足。衝撃だった。



f:id:masudahiroshi:20161109002915j:plain

店を選んでくれたのは写真左端のジョシュア。彼は本当に日本語が上手くて気が利いて優しくて献身的なナイスガイだ。見た目はこんなにチャラいのに。



そんな彼が選んだ店だからかもしれないが実によい店だった。腹ペコの6人で散々食い散らかしたのだが余ってしまった。中華料理において食事を残すことはなんら失礼では無いらしい。と、いうか残すことを念頭において多めに出しているとしか思えない。そのくらい大量に出てくる。



量が多いのはある程度予想していたが驚いたのは値段だ。1人あたり1400円ほど。いやいや待て待てビールも4リットルは飲んだぞ。どうなってんだこの安さは。



なるほどそこで気づいた。昼にジョシュアが「マックは高い」と言っていた理由ね。値段じゃなくて量なんだな。500円出して、あのバーガーとあの量のポテトじゃ割に合わないってことなんだろう。



翌日の昼は学校のボスが飲茶を御馳走してくれた。おごりなので値段は分からなかったが...


f:id:masudahiroshi:20161109004011j:plain

 

f:id:masudahiroshi:20161109004024j:plain

 

f:id:masudahiroshi:20161109004036j:plain

まぁとにかくどんどん注文する。


御馳走してくださるということはすなわち客人(我々)をもてなしているわけでしてね。もてなすからには昼飯という範疇を超えてじゃんじゃん注文する。当然、残る。でもそれは失礼では無く、むしろ「残すほどおなかいっぱいになりました」という意味を持つ。もっとも実際にはそういう習慣も薄れつつあり、余った料理は持ち帰るケースも多いらしい。国が変われば礼儀も変わる。つくづく面白い。



その日の夜は最後の撮影を終え香港ラストの夕飯。ジョシュアに連れられタイ料理を食べに行った。


f:id:masudahiroshi:20161109005452j:plain

f:id:masudahiroshi:20161109005509j:plain

写真のホワイトバランスがむちゃくちゃだが勘弁してほしい。この店の照明がどぎつすぎて色味もへったくれも無かったんだ。



味は良かったが大変さわがしい。と、いうのも歌手とキーボードのコンビが店に入ってて延々歌い続けてたせいで大声出さないとまともに話も出来なかったのだ。


f:id:masudahiroshi:20161109005739j:plain

「バンド、休憩してくんねえかなぁ」申し訳ないがそんなことを思いながらパクチーと格闘してたら歌手が宇多田ヒカルの「First Love」を歌い始めた。僕らが日本人だと知って選曲したのだろう。大層上手だった。


元々好きな曲だったが、その日は妙に沁みた。今日が香港最後の夜だという寂しさ、そしてメシ食ったらまたあのホテルに戻らなきゃいかんという恐怖が歌とリンクしたんだろう。とてもいい歌に聞こえた。そんなことを感じるほど、僕はこの街が大好きになってしまったようだ。

 

f:id:masudahiroshi:20161109010308j:plain

香港で出来た友人達との1枚。大事な写真だ。右から2番目のジョシュアは最後の日まで素晴らしい気配りでガイド役を務めてくれた。何度も言うが見た目こんなにチャラいのに。


翌朝、帰国の日。朝の渋滞を避け早めに空港入り。空港内で朝飯を食う。連日のぜいたくな食事が胃にひびき、さすがにあっさりしたものを食べたい気分。なんてことないチェーン店の朝粥セットみたいなのを注文。確か値段は400円ほど。日本風に言えば朝マックみたいなもんだろうか。
 

 

f:id:masudahiroshi:20161109000201j:plain

写真ではサイズ感がいまいちわかりにくいかもしれんが量がやたら多い。粥なんか軽くドンブリ一杯分はある。そうだココは香港なのだ。食いきれなくて当たり前の量が出てくる場所なのだ。



遠慮なく粥は残した。ほんの3泊4日しかいなかったが僕なりの香港への敬意として。きっとまた来るよ。

 

...........................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


ホームページはコチラ↓

 

インスタグラムもやってます。
コチラ↓
f:id:masudahiroshi:20160706033217j:plain

フォローされると嬉しくて仕方ないです。



メール extra@zs.main.jp

ご意見、御質問いつでもどうぞ。