読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

僕は本気で「お持ち帰り」する男なんだけどな



f:id:masudahiroshi:20160612023712j:plain

※契約書はきちんと中身を確認し
納得した上でサインしましょうって写真。
契約書どころか婚姻届ですけどコレ。





先日、営業の時間を設けて頂きました。


僕が営業するんじゃなくて、される側ね。僕みたいな小童にも営業してくださる人がいるんです。


詳細は書きませんが、とあるサービスを利用しませんか?って言う営業でした。これこれこういうシステムがある、御社のビジネスにきっと役に立つ、つきましては月々いくらで契約しませんかって感じ。


営業マンさんは丁重且つ詳細に説明してくださいまして、いろいろ参考になる面も多かったのですが、僕の商売とは今一つ合致しない点も多い気がしましてね、ですから「一度持ち帰って検討します」とお答えしたのです。


ところがなかなか持ち帰らせてくれない(笑)。


どうもアレです、営業マンさんは、持ち帰る=お断り、だと思いこんでいるフシがあります。一般的にはそうかもしれませんけど僕は本当に持ち帰るんです。ちゃんと検討するの。なのにおそらく信じてない。しまいにはディスカウントが始まりました。高いとは言いましたが、安くしろとは一言も言ってなかったんですけどね僕。


本当の値段書くのもこれまたアレなのでフェイク入れときます。とりあえず5万にしときましょう。当初「月々5万」と説明して頂いた料金が「月々1万5千円」に下がりました。


いかがでしょう?と聞かれたので、再度「持ち帰ります」と答えました。さっき以上にお持ち帰りする気まんまんです僕は。持ち帰ってじっくり電卓叩きたくて仕方なかったです。


そしたら営業マンさんの隣にいた別の営業マンさんが口を開きました。この方は肩書きからして明らかに上役の人、その上司さん「では5千円でいかがでしょう」とご提案してくださいました。


や、だから俺値下げしろとは言ってないんだが。


なのに最初の金額の10分の1になりました。5まんが5せんえんだよ。ビックリだよ。


うすうす勘づいてはいましたが念のため確認。「その代わり5千円で買うには、この場で決めなきゃいけないんですよね?持ち帰りダメなんですよね?」と。


結果、その通りでした。その場じゃなきゃダメらしい。


僕ね、この「ここで決めたら○○円、でも今決めなきゃ白紙」って営業スタイルとはどうにも合わないんですよ。引越屋の見積もりとかでもこういうの多いですよね。あれ苦手。なんかスーーーッと引いてしまうんです、熱が。


てか引かない人いるのかな?


熱が引いた僕は当然お断りしました。1時間半くらいかな。営業マンさんの時間を無駄にしてしまい申し訳ない。


僕には無駄な時間では無かったですけどね。


僕はいわゆる技術職なので営業は専門ではありません。でも自営業なんで当然得手不得手関係無く営業は自力でやらなきゃいけない。そんな素人が営業を学ぶには、営業される側に回るのが一番手っ取り早いんです。今回の営業も勉強になりましたよ。


それにしてもねぇ...あそこで「じゃあ1日だけ待ちます」って言ってくれたらね。その24時間本気で検討した上で、結構な確率で契約してたと思うんだけどな。ビジネスの機微ってとらえにくいですね。


さて、撮影を御検討の御客様、一度お会いして打合せしましょう。分かりやすくしっかり料金説明させていただきます。

 

その場で決める必要ありません!
ヨソと比較して下さい!
さあ持ち帰りましょう!



ウチはそんな感じです。御連絡お待ちしております。

...........................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 


ホームページはコチラ↓

メール extra@zs.main.jp

ご意見、御質問いつでもどうぞ。