読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

ウエディングドレスを着ない前撮りってものがあるのです

再録 前撮り 和装 ブライダル 情報

 

 

エンゲージメントフォトという写真がある。


n02



欧米ではポピュラーな写真ジャンルだ。


「欧米では」とか言いながら見本写真が思いっきり和服なのもどうかと思うけど。


それに僕は「欧」はともかく「米」のことはよく知らない。ネットでポピュラーだって書いてたから多分そうなんだろう。ポピュラーなんだそうですよ。



日本ではまだ、それほど普及していない。



コレ、平たく言うと結婚式の前撮りみたいなもの。前撮りは披露宴本番とは別の日にウエディングドレスや白無垢姿で撮影する写真ですね。知ってる方も多いと思う。


こういうのね↓


f:id:masudahiroshi:20150430124504j:plain



f:id:masudahiroshi:20150430124523j:plain


これが一般的な前撮り。




エンゲージメントフォトも、本番前に撮るってところは同じなんだけどもっともっと自然なのだ。


日常的と言い換えてもいい。



普段どおりの格好で、あるいは、ほんの少しおめかしした感じで2人にとって思い出深い場所でとる。その場所が、他の人から見てなんてこと無い場所でも構わない。いつも夕飯の買い物に行ってたスーパーの前でもいいのだ。


たとえば


いきつけのカフェで撮ってみたり


n01



一緒に通った通勤路だったり



0137



昔住んでたアパートも思い出深い



sh01


こんな写真だ。
肩の力が抜けてるのが楽しい。




役場に婚姻届を出す。
そんな場面も残しておけば記念になる。



sh02



sh03



sh04



結婚式の撮影を請け負うようになって長い。式を撮るということは、その人の記念日に立ち会うということだ。責任のある仕事だし、その分やはり楽しい。


でも式や披露宴を挙げない方々もいる。そういった人達にももちろん記念日はある。残すべき一日はある。


フツーの一日でも写真に切り取れば特別な日になる。それってカメラマンにとっては醍醐味だ。エンゲージメントフォトの楽しさはそこにある。気がする。


撮りたいなと思った方はご一報下さい。
たのしいですよ。少なくとも僕は楽しい。

...........................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ホームページはコチラから↓

メール   extra@zs.main.jp

ブクマ、シェア大歓迎です。
喜びます。小躍りします。
     ↓