読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

まったく進歩の無い写真から学ぶこと

f:id:masudahiroshi:20150408055714j:plain


下手な写真を撮り続けるのは難しい。


たいていのことは日々繰り返せば上達していくものだ。そうじゃないとつらいじゃないですか。


自転車も料理もなんだってそうだ。僕だって今まで生きてきて大抵のことは上達してきた。掃除と片づけとキャッチボールとリフティングと経理作業以外は。方向音痴はあきらめた。


もちろん写真もだ。そもそも写真のように機械まかせなモノは上達しやすい。機械への慣れがそのままクオリティにつながりますからね。


しかも今という時代は写真がとても身近だ。スマホ一つあればいろんな写真が撮れる。


ブログ、SNS等の普及で写真を発表する場も本当に増えた。毎日なにかしら写真をアップしてる人も多い。当然、人が撮った写真を見る機会も増える。僕は毎日ネットはチェックしているので、誰かがどこかで撮った写真を毎日見ているわけです。


で、ときどき思うんです。
なんでこんなに下手なんだ?


たとえばね、Facebookで「今日は焼肉!牛タンうまし(≧▽≦)」とかいう文章と共にアップされている写真にどうこう言ってるわけじゃありません。


「おまえ俺と年変わんないからアラフォーだろうがよ。もうちょいマトモなこと書けよ。うましじゃねぇよ。つか顔文字やめろよ」とかモニターみつめながら散々ツッコミはしますが写真のクオリティは別にいいです。


「今日は公園まで桜を撮りに行ってきました」


僕が興味を持つのはこういう投稿者の写真です。カメラが趣味で、撮影の目的が「写真を撮ること」である方々ですね。「焼肉自慢」じゃなくてね。


僕のFacebookつながりの方にも何人かおられる。そういう方々は休日平日に関わらず常にカメラを持ち歩き写真を撮っている。そして日に何枚もアップする。



なのに全く上達しない人というのがたまにいるのです。


最初のころは僕の仕事柄もあるのだけれど正直イライラしてた。ココをこうすりゃいいのにな、また同じ手ブレしてる、カメラの持ち方知らんのかもな...などなど。我ながらおせっかいな話です。


少し時間が経つとこちらにも余裕が出てくる。半笑いで見れるようになる。でも半笑いって時点でアレですよね。ちょっと下に見てるよね。そのころの自分が恥ずかしい。牛タンうまし(≧▽≦)より恥ずかしい。


そして更に時間が経ったのち、僕の心境に変化が生まれるんです。ずーーと同じミスや新しいミスを繰り返しつつ相変わらず上達の気配すら見せない写真一覧を見ながら不思議な気分になるんです。


これはすごいことかもしれん、と。


その人にとって上達することはさほど重要では無いのではないか。それに気づいたんですね。戦慄。


戦慄ズガビ━━Σ(ll゚艸゚ll)━━━ン!!


すみませんなんでもないです。
このために「超厳選!女子力高そうな顔文字一覧」とか言うサイトを見た自分が嫌になりました。やっぱ無理です俺には。


戻します。上達が重要では無いという話。


これ、仕事だと許されません。でも趣味なら自由だ。好きに撮ればいいのが趣味の写真です。上達しないからといってなんら問題無いのです。


もちろん、そういう方々も、実際には落ち込んだりしてるかもしれません。「うまく撮れないなあ」とか言って。普通折れます。心折れます。にも関わらず日々撮影を続ける。これはやはりすごいのです。


写真好きなんでしょうね。そこがいい。


プロカメラマンは「好きじゃないもの」「興味ないこと」も撮ります。とはいえイヤイヤ撮ったりしてるわけではありません。他の人は知りませんが僕は無い。


僕はお金大好きなのでお金を稼がせてくれる「仕事」も大好きなのです。ですからたとえ興味が無い対象でも楽しんで撮れます。それが仕事だからこそ。


でもプライベートではね。撮りたいものしか撮りたくないですね。


前述「上達しない人」の写真には確かにミスも多いかもしれませんが愛情はしっかり写ってるんですよ。それが毎日のようにアップされていく様に写真本来の姿を見る気がするのです。自分が愛せるものを、ただ撮るだけって行為は素敵ですよ。



ただ、それでもやはり上達したいという方々には...



f:id:masudahiroshi:20150408060145j:plain



写真レッスン、行っております。


マンツーマンから少人数グループの初心者を対象に開催しています。メールアドレス extra@zs.main.jp よりお問合せください。


こうした開き直った宣伝もだいぶん上達してきた気がします。
..................................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ホームページはコチラから↓

メール   extra@zs.main.jp

ブクマ、シェア大歓迎です。
喜びます。小躍りします。
     ↓