読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスダヒロシブログ

福岡を中心に九州一円で活動するカメラマン・マスダヒロシのブログ。 カメラマン目線から「かわいく写るコツ」を書いたりしています。御参考になれば幸い。

follow us in feedly

【かわいく写るコツ】さて質問。この写真どう思う?

ブライダル 和装 かわいく写る 情報 再録

かわいく写るコツの3回目。


前回はアイメイクに関する記事でした。


今回は写真の打合せに関して。
お役に立ちますかどうか。

披露宴をすると決めた瞬間からたくさんの打合せが待っている。

 

試着、メイクリハ、試食...言葉は違えどそれらは全て打合せだ。そんな打合せの中で一番ぼんやりしてるのが写真の打合せだと思う。でも「可愛く写る」ためにはココをぼんやりさせたままじゃもったいない。 


今日はそんな話。
 

写真打合せには大きく2つ目的がある。

1.商品の説明&決定
2.写真コンセプトの決定

このふたつ。

1は分かりやすい。アルバム見本やパンフ見ながら決めていけばいい。

問題は2だ。ここをしっかりやるかどうかで仕上がりに差が出るんです。

では写真コンセプトとは何か? 簡単に言えば「写真の好み」です。 カメラマンに好きな写真の感じを伝える。 それがコンセプトを決めていくと言うこと。

そう書くと「別に好きな写真とか無いし」と答える方がいる。 実際、どんな写真が好きか考えながら毎日生活してる人なんてそうそういない。 パッと聞かれても分からないのが普通。 そういう人でも「なんか苦手な写真」はあると思う。それを伝える事が大切なんです。


例として1枚。

166a.jpg

この写真を見てどう思われるだろうか?

A.カワイイ!こういうの欲しい!
B.1枚くらいはあってもいいんじゃない?
C.無い無い無い!テレる!ありえん!


感想は人それぞれ。
僕はもちろんAですけど。
でも結婚式当日に一番大切なのは主役2人の感覚。だからカメラマンにしっかり伝えるべき。

たとえ答えがCでも率直な意見って嬉しいんですよ。遠慮しちゃダメです。 それで不機嫌になるようなカメラマンなら断ったほうがいいです。(そして僕にご依頼下さい)


「可愛く写る」ために大切なことは「安心感」です。

好き嫌いをしっかりと伝えればカメラマンもそれに合わせた撮り方をするはず。

「このカメラマンわかってる」と思えれば自然とリラックス出来るものです。「可愛く写る」には事前の打合せを有効に使いましょう。

打合せ時に商品の話ばかりしてるカメラマンには要注意です。

いくら貴女が「可愛く写る」準備をがんばっても 貴女好みの可愛さを感じ取れないカメラマンでは意味が無い。 感じ取る努力をしているカメラマンに出会ってください。 それも「可愛く写る」コツなんです。

では今日はこのへんで

 ..................................................................

ブログランキングに参加しています。

クリック↓頂ければ励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ホームページはコチラから↓

メール   extra@zs.main.jp

ブクマ、シェア大歓迎です。
喜びます。小躍りします。
     ↓